ビオナチュラルブログ

自然治癒力が最も働いているときの心身の状態2 排便

酵素風呂を神戸で♪

神戸六甲酵素風呂サロンビオナチュラルです。

【自然治癒力が最も働いているときの

心身の状態2 排便】

 

サロンに来られるクライアントさまの目的の

一つに便秘で困られている方も多くいらっしゃい

ます。今回は排便について…

 

自然療法や自己療法に食事療法はつきものと

なっています。

しかし、食事療法にも様々な理論があり、

ABの食事療法では全く違うことが

主張されていたりします。

いったいどうしたらいいの? と 

混乱している方も結構見受けられます。

自分が行っている食事療法が正しいのか?

正しくないのか?

自分で把握する方法があります。

また自然治癒力を考えるうえで、

食べ物だけではなく腸内環境も

考えなくてはなりません。

どんなに良い食事を行っていても、

消化器系そのものに問題があれば十分な効果を

得られるとは限りません。

自律神経との相関関係・心理的な要因・

運動など、食事以外にも大切な要素が

あります。

それらがすべてが調和のもとに働いている状態

とき、もっと食事療法が生きてくるのです。

ではその方法とは排便の状態を見て判断する

という方法です。

1日に1回以上の排便がある

どんなに良い食事をしていても、腸内細菌や

食物線維をたくさんとっていても、毎日排便が

ないと効果が半減します。

その場合食べるものだけではなく、広い観点から

見直す必要があります。

けっしていい食事をしているから大丈夫!!

慢心しないでください。

できれば一日の排便は、1日に2回食べる人

なら2回 3食の人なら3回が理想です。

毎日の排便があることで、心身の

両面全体がまずまず調和がとれていて、

いい健康活動を営んでいるという事です。

②形が良く量が多い

大きさにして自分の親指大の太さで、

バナナ1本分くらいが1回の排便量の

目安です。また表面もツルツルしていて

光沢があります。

食事のバランスや腸自体の働きも良い

という事になります。

③色が黄色っぽく臭くない

腸内の環境が良いか悪いかでその影響を

受けます。

肉やお酒甘いものなどの高カロリー

高タンパク食が過ぎ、野菜や果物などの

植物食が不足しているとこの条件は

満たすことができません。

匂いがくさいという事は、異常な

有毒ガスが腸内で発生しているという

ことですので、要注意です。

発がん性物質も発生しており、このガス

小さな動物に入れてやると死んでしまう

そうです。

また腸内の炎症も発生しやすい状態に

なっていることも推測されますの

腸管免疫にもよくない状態です。

④最後に水に浮くという事です

排便が水に浮くという事は、腸内でよい

発酵が行われている証拠です。

つまり腸内が腐敗していないという事に

なります。

おそらく腸内悪玉菌のほうが勢力が

少し強く、善玉菌のほうがやや負けている

状態だと思います。

以上の条件が満たされていれば、

食・消化器の働き・自律神経のバランス

心のバランス(緊張と弛緩 前向きな心理状態)

など、全体がおおむね調和しているという

ことです。

ですから食事療法を行っている方は、

食だけではなくもう少し心身全体のことも

頭に入れて、実践してみてください。

極端な言い方をすれば、上記の条件を

満たす排便状態であれば、少々健康に

良くないものを食べても良いという事です。

ご自身の排便を観察する習慣をつけ、

日々実践している食事療法に納得して

取り組んでください。

関連記事

  1. 神戸の酵素風呂なら自然療法ホリスティックサロン ビオ・ナチュラル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP